2012年8月19日 スタッフブログトップ

欧州サッカー開幕!

こんばんは、成瀬です。

 

ヨーロッパ各国のリーグが、続々と開幕していますね!

昨日、イングランドのプレミアリーグが開幕し、今日はスペインのリーガ・エスパニョーラが開幕!

イタリアのセリエAも来週開幕しますね!

 

しかし!

まだ夏の移籍期間は終っていません。

各クラブが、新戦力を求めていますからね!

8月が終るまで、まだまだ動きがあります。

 

トッテナムのモドリッチがレアルに移籍するのかどうか!

 

そして、まだ決まっていないデル・ピエロの新チームはどこになるのか。

日本に来てくれないですかね~、待ってますよ!アレックス!

 

では、また!

投稿者 TSUTAYA瀬戸店 : 23:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

ついに日本上陸!!

c0139575_1924433.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『アベンジャーズ』!!

アツい映画でした。

「アイアンマン」、「インクレディブル・ハルク」、「マイティー・ソー」、「キャプテン・アメリカ」

それぞれの作品に登場するヒーローたちが集まった、パワーのある映画でした。

 

 

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地では、ある研究が行われていた。それは、世界を破壊する力をもった四次元キューブを極秘で調査するプロジェクトだ。

だが、突如として制御不能に陥ったキューブは、遠く離れた別世界につながる禁断のワームホールへの扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む邪悪な神ロキ(トム・ヒドルストン)だった。アスガルドの尊大な王子ソー(クリス・ヘムズワース)の弟であるロキは、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)をコズミック・スピアによってあやつり、キューブの強奪に成功する。

地球侵略へのカウントダウンが開始された時、ニック・フューリーは、周囲の反対を押し切ってある決断をおこなう。それは、“最強”の力を持つ7人のヒーローたちによる“アベンジャーズ”を結成することだった。彼は、魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やベテラン・エージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)と共に、アベンジャーズ結成というミッションに挑んでいく。

フューリーが訪れたのは、70年の眠りから覚めたスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)がトレーニングするボクシング・ジムだった。再び戦うことを躊躇するロジャースを、「世界を救え」と言って説得するフューリー。一方、ロマノフはインドのカルカッタへ飛び、ブルース・バナー(マーク・ラファロ)を探しだして、科学者としての彼の専門知識がほしいと懇願する。シールド本部に集まった彼らは、さっそくロキの捜索を開始した。

キューブの力を悪用し、地球外からの軍隊を地球に解き放とうと考えるロキは、バートンと共にドイツへ向かう。だが、そこで彼らを待ち受けていたのは、ロジャースとロマノフ、そしてコールソンから招集を受けたトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)だった。激しい格闘の末、彼らの手によって捕らえられたロキは、シールド本部の特殊な監房に収容される。そこへ、ロキをアスガルドに連行しようとする彼の兄ソーもやって来た。

とうとうシールド本部に勢揃いした“アベンジャーズ”。
「その名は“アベンジャーズ計画”。特別な能力を持った者たちを集めてより大きな力を得る」
しかし、そう宣言するフューリーに対し、意思に反して集結させられた彼らは、それぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。

そこへロキを奪還しようと、バートン率いる戦闘部隊がヘリキャリアに急襲を仕掛けてきた。そして、爆発の衝撃で我を失ったバナーが、凶暴なハルクとなってあたりを破壊し続ける。ヘリキャリアのあらゆる場所で危機が訪れる中、ロキは首尾よく逃走した。ロキの支配下におかれるバートン、姿を消したソーとバナー。アベンジャーズの存続すら危ぶまれる絶体絶命の危機 ――。

やがてロキは、地球外の何者かと共謀しながら、地球侵略への最終計画を着々と進めていく。パワーを増大させたキューブの力によって、マンハッタン上空に次々と召喚される地球外からの強力な軍勢。

果たして、この人類史上最大の危機を前に、アベンジャーズは再び集結し、地球を救うことができるのだろうか?


それとも...?    (公式サイトより)

 

あらすじはこんなとこです。

「アイアンマン」ほか、それぞれの作品を見ていなくても、十分に楽しめる作品だと思います。

 

アイアンマン、ソー、ハルクは能力(装備)を全力に使い暴れるし、身のこなしは超人的だが、基本的にはフツーの人間である、

ブラック・ウィドウやホーク・アイの姿もかっこよかった。

 

ただ単に、派手なアクションだけでなく、この作品に出てくるヒーローは必ず「何か」に悩んでいる。

ヒーローの数だけ、心の中で葛藤をしている。

この映画を観る人は、必ずどのヒーローかに感情移入して、観れるのではないでしょうか!!

 

映画公開初日、朝一で観にいったのですが、眠気なんて吹っ飛びました。

おもしろかった。

 

あと、『アベンジャーズ』の映画の予告で気になった映画がひとつ。

120625exp.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・かっこいい

またこのおじさん軍団が帰ってきます。

エクスペンダブルズ2』

前回は顔を見せるだけだった、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーも今回は本格参戦です。

500x450_4F9FE1F3F319.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやく観たい・・・

 

 

投稿者 TSUTAYAバロー戸田店 : 17:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

« 2012年8月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

月別一覧

店舗一覧