TSUTAYA大垣店店舗詳細 前のページへ

爽やかさどこいった・・・

なんか暑くなってきましたね・・・

こんばんは、金曜担当、藤野です。

天気がいいのは有難いですが、梅雨前から暑くないですか?

そのくせ夜とか微妙に冷えるし。

こう、5月の爽やかさを痛感したい今日この頃。

すでに食中毒とかも蔓延してきてるみたいですし、皆様お気をつけくださいね。

 

それでは本日のオススメ~

5月17日発売DVD&Blu-ray『聲の形』

聲の形.jpg

 

君に生きるのを手伝ってほしい

 

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。

耳の聞こえる少年・石田将也。

耳の聞こえない転校生・西宮硝子。

ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。

やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。

幾年の時を経て、将也は人生の最後に、
西宮硝子に会わなければいけないと決意する。

再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

 

 

「週刊少年マガジン」に連載され話題を呼んだ、大今良時の「聲の形」が、ついに映像化!!

悪ガキで子供ならではの残酷さで硝子をいじめた将也。

将也にいじめられながらも、彼を守ろうとしていた硝子。

5年後に再会した、ふたりの物語です。

登場人物が聴覚障害者である事から、障害がテーマにみられがちですが、この物語のテーマは「コミュニケーション」

辛い現実があっても、後悔があっても、時間は戻らないし、現実も変わらない。

正直テーマが重すぎて、観るのが辛くなったり、気分が悪くなる部分もあります。

ですが、そこをごまかさない、隠さない。

だからこそ、この物語は観終わった後に、色々な事を考えさせるのだと思います。

人と人との関わりが薄くなりつつある現代、いじめた人も、いじめられた人も、傍観した人も、そんな事に関わらずに生きてこられた人も、全ての人に観ていただきたい。

 

京都アニメーション制作なので、映像美は言わずもがな。

この作品は物語だけでなく、音楽も秀逸です。

繊細な音楽が物語に寄り添い、情景や心情をより一層リアルに感じさせてくれます。

 

そしてなによりも、我らが地元・岐阜は大垣市が舞台!! (v ̄▽ ̄) イエーイ♪

劇中にはそれはもう、見たことのある風景が、随所に出てくるので、「あー、これあそこ!」とか、「これあの場所やん!」ってなります(笑)

それがまた京アニの素晴らしい映像美で再現されているので、思わず見惚れてしまうこと間違いナシ!

地元なので、気軽に聖地巡礼するのもアリですヨ!!d( ̄∀ ̄)

 

物語、音楽、映像美、全てが見事に融合した傑作、ぜひご覧下さい。

 

それでは今日はこの辺で。

また来週お目にかかりましょう~

 

 

 

投稿者 TSUTAYA大垣店 : 20:27 | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.imagine-group.jp/system/mt/mt-tb.cgi/8167

カレンダー

« 2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別一覧

店舗一覧