2012年5月21日 スタッフブログトップ

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

タイトルどうり3度埋葬された男の物語である。

メルキアデスはメキシコとアメリカの国境の町で労働者。間違いで国境警備隊の銃弾に倒れてしまう(警備隊も人だとはおもってなかったようで)。そこで警備隊たちによる死体隠匿による1度目の埋葬。

メルキアデスの死体はジャッカルたちによって暴かれ、警備隊員たちも隠しきれずにいたのだが、殺したのが身内ということもあって、また隠すようにして2度目の埋葬をしてしまう。

つぎの3度目の埋葬は、メルキアデスの友人ピートによってなされる。

 

ピートは生前メルキアデスから

「自分が死んだら故郷のヒメネスに埋めて欲しい」

といわれ、その約束をはたすために、メルキアデスを撃った警備隊マイクを脅し、メルキアデスを掘り起こさせ、ピート、メルキアデス(死体)、警備隊マイクの旅が始まる。

 

メルキアデスという男は不法入国者で、故郷にいる家族のために国境をこえてアメリカに働きにきたが、運悪く死んでしまう。このように書くと、残された家族はさぞ無念だろう、とおもうことだろう。ピートも残された家族にメルキアデスの死を伝えることが目的の一つにあったのだが、実は・・・

 

ラストには

「えっ」

とおもうことだろう。このどんでん返しは物語をさらに思い入れの強いものにしてくれた。

観て損はない映画だとおもう。

3burials0.jpg

投稿者 マジカルガーデン江南店 : 16:44 | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

« 2012年5月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別一覧

店舗一覧