マジカルガーデン江南店店舗詳細 前のページへ

晩春

「晩春」

という映画の終盤において。

 

笠智衆さん演じる周吉が娘紀子(原節子)の結婚式のあと、紀子の友人アヤ(月丘夢路)と寿司屋で談笑するシーンがある。そこでアヤが周吉に

「おじさん、再婚するの?おやめなさい、そんなもの」

「あぁでも言わないと紀子が、うん、と言わないからね」(こんな感じのやりとり)

周吉が後妻を娶ることに反対のアヤは周吉の嘘を知り、いきなり周吉の額に口付けをした。

 

嘘をついてでも娘紀子をそろそろ嫁に出さねばならぬ父心。それほどまでに娘紀子は自身の結婚について反対であった。

 

紀子という女性は父親の周吉が大好きで仕方がない。紀子は自身のお見合い話が出ても

「わたしが行ったら困るんです」

となかなか首を縦に振らない。そんな娘に周吉は、自分も再婚するから、と紀子を説得する。紀子は後妻というものにたいして「汚らわしい」と考えてしまうほど潔癖な性格であったが、最終的にはその父も許し、自分の結婚も受け入れる。

 

友人のアヤは紀子からいろいろと相談をうけ、周吉の再婚するとききやはり「汚らわしい」などと考えていたようだ。それで紀子の結婚式後の寿司屋で、周吉の再婚話が嘘と知り、周吉に対しどのような感情をもったのか定かではないが、周吉の額に口付けをしたのである。

 

そのときの周吉の表情が、まさに目が点、といった感じで、演技なのか素の表情なのか、と考えてしまうほどに印象的な表情をするのである。

 

img_1030234_38820745_0.jpg

 

 

投稿者 マジカルガーデン江南店 : 16:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.imagine-group.jp/system/mt/mt-tb.cgi/1249

カレンダー

« 2012年5月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別一覧

店舗一覧