マジカルガーデン江南店店舗詳細 前のページへ

レイジング・ブル

ボクサージェイク・ラモッタの半生を描いた映画

「レイジング・ブル」

このタイトルはジェイク・ラモッタのボクサー時代のあだ名のようで、怒れる雄牛、とかいう意味らしい。

 

主演はロバート・デ・ニーロ、監督はマーティン・スコセッシ。

ボクサーを題材にした映画なので、暴力シーンが多いが、ボクシングでの殴り合いはスポーツとして観ていられるが、このジェイク・ラモッタ情緒不安定で日常的な暴力のにおいがつきまとう。

一匹狼でマフィア(?)に対しても自分を貫こうとし、信じるものは自分自身。顔に笑みを浮かべていてもどこかおそろしい。我慢も苦手で、常に人を疑い、そのせいでたった一人の弟すら離れていく。

 

レイジング・ブルとはボクサー時代のあだ名ではあるが、実生活においても彼そのものを暗示しているようで、興味深い。

 

マーティン・スコセッシの映画には暴力シーンは定番であり、観ていてとても痛々しい。コミュニケーションをあきらめたときに起こるその暴力は、青春映画のように最後に握手とはいかず、対立を生む。が、ここで通常の世界と違うとおもったのは、ジェイク・ラモッタの弟ジョーイ・ラモッタがマフィアに一方的に殴りかかり大怪我を負わすが、マフィアの幹部が仲裁にはいり仲直りすシーンがある。感情的には納得できないが、組織のなかで生きていくには事務的になることも必要なのだろう。

 

このような人間関係のなかでジェイク・ラモッタは生きているのであり、うまくいかないことだらけ。いくらチャンピオンになっても、美しい妻に対しいつも疑心暗鬼で、それが原因でいつも喧嘩が絶えない。最後はひとりぼっち。

 

小津安二郎監督の秋刀魚の味ではないが、

「人生はひとりぼっちですなぁ」

と、いうかんじだろうか(映画の意味合いがちょっと違うが)。

 

このレイジング・ブルまた別の視点でみるとすれば、ロバート・デ・ニーロの役作りだろうか。痩せたり、太ったりと同じ人物とはおもえない変身である。

a0250573_20271215.jpg

 

 

投稿者 マジカルガーデン江南店 : 16:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.imagine-group.jp/system/mt/mt-tb.cgi/1315

カレンダー

« 2012年5月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別一覧

店舗一覧